おまとめローン審査で重要視される「他社借り入れ件数」

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

おまとめローンの審査で、一番重要視される項目はなんだと思いますか?「年収」でしょうか?「他社借入額」でしょうか?いいえ違うのです「他社借り入れ件数」が一番重要なのです。

「他社借り入れ件数」がおまとめローン審査でマークされる理由

「他社借り入れ件数」が多ければ、多いほど

  • 他の金融機関からの信用が低い=1社から大きな金額は借りれなかった
  • 返済を完了する前に新規で契約している=生活(家計)が苦しい可能性が高い

ということを意味しているからです。

例えば

  • 4社から80万円借りている人
  • 1社から120万円借りている人

どちらがさらに借りられる可能性があると思いますか?

答えは、1社から120万円借りている人です。4社から80万円借りている人は、ほかの金融機関から1社20万円の枠しかもらえていないことになります。つまり、20万円分の枠しかもらえないほど属性や信用情報が良くないという悪い証明になってしまっているのです。

逆に1社から120万円借りている人は、120万円の枠をもらえる信用があるということです。そのため、新規でカードローンを申し込んでも、50万前後の借り入れは可能という判断になるのです。

おまとめローンは、カードローン以上に他社借入件数に敏感です。おまとめローン自体が一本化が前提の金融商品なのですが、だからこそ金融機関のリスクはカードローン以上に大きく、お金に困っているのが襲名されてしまう他社借入件数が審査のマイナス評価に直結するのです。

「他社借り入れ件数」何件までOK

一般的に「他社借り入れ件数」は、4件以上あるとおまとめローンの審査は通りにくいと言われています。しかし、これは年収や他社借入総額、属性や信用情報など複数の条件から審査されるため、一概には言えません。おまとめローンを提供している金融機関によって、審査基準は異なるので、1社であきらめる必要はありません。

しかし、おまとめローンの審査が通らなかった場合には「他社借り入れ件数」を減らしてから申し込むように心が得ると良いでしょう。

「他社借り入れ件数」を減らして審査に再チャレンジ

「他社借り入れ件数」を減らすためには、1社ずつ完済していくしかありません。

完済する方法法は

  • 現在借入中のカードローンに増額してもらい、その増額分を別のカードローンの完済費用に充てることで、徐々に借入件数を減らすことが可能です。
  • また、地道に返済する方法でも、できるだけ少額の借り入れに集中して繰り上げ返済をすることで完済までこぎつけましょう。

完済後はきっちりと解約までしなければ借入件数が減ったことにはならないため、注意が必要です。

おまとめローン審査で重要視される「他社借り入れ件数」, 4.0 out of 5 based on 1 rating

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>